Tags

, , ,

P1020630

今日は仙台で暴風雪警報がでていましたね。我が家周辺も朝から吹雪いておりました。
そんな西高東低の冬型気圧配置の合間を縫って、昨日、漕ぎ初めを済ませてまいりました(*゚∀゚)♪
インフルエンザで倒れていたDaisuke氏に「どうしても1月中に漕ぎ初めしたいから、Daisuke氏宅に送ったカヤック道具一式を仙台に送り返してくんない?!」と無茶無理を言ったのは28日。
さすが律儀なDaisuke氏(正確には奥様…。)。早速29日には荷物が届きました。謝謝。

荷物が届いてしまったからには漕がねば!!と向かった先は女川町の御前浜。
アウトフィッターのアースクエストさんにも幾度かガイドしていただいた場所。「冬季の海は透明度が高い!」と伺っていたので期待を胸にドライスーツ持参でイソイソと出かけてきました。

前日の強風も止み、凪とはいかないまでもまずまずのコンディション。
微風でポカポカ陽気。とても外気温が1度ほどとは思えない暖かさでした。(←呑んでたわけではありません。)
やはり、『荒天を呼ぶのはDaisuke氏に間違いない』との想いを強固なものにしつつ、逸る気持ちを抑えつつカフナを組み上げ、早速漕ぎ出しました。

マイペースでプカプカ

マイペースでプカプカ

この透明度!!来てよかった〜

この透明度!!来てよかった〜

洞窟も…

洞窟も…

満喫(・∀・)

満喫(・∀・)

『出島まで行こうかな〜』などと思い始めた頃、少しずつ風がでてきたため引き返すことにし、ぷかぷか漂いながらカヤック上でランチにしました。ま。ただの菓子パンですが…。

なんか贅沢気分…菓子パンだけど。

なんか贅沢気分…菓子パンだけど。

ところで、今回はFZ200をドライサックに包み込み、デッキバッグに入れて洋上に連れ出しました。さすが、600mm・F2.8!!いままでのFT2では撮ることができなかった海鳥たちを少しUPで撮影することが出来ました♪

セグロカモメ…かな?

セグロカモメ…かな?

カモメの幼鳥…かな?

カモメの幼鳥…かな?

ウミウ〜

ウミウ〜

同じくウミウ!カワウとの違いは嘴の口角付近の形状とか…とか。

同じくウミウ!カワウとの違いは嘴の口角付近の形状とか…とか。

ピンぼけですが飛翔シーン撮れたので…。

ピンぼけですが飛翔シーン撮れたので…。

よく見かける海鳥ばかりですが、ここでなにやらカラフルなカモも発見しました。

シノリガモ

シノリガモ

絶滅危惧種だとか。こんなキレーな鳥を見られる機会が少なくなるなんて寂しいですねー。

もう1羽、なんだかUmiが初めて見る小鳥が…。
ヒヨドリにしちゃずんぐりだし…ヤマケイポケットガイドにも載ってないし…。
帰宅してググってみるにイソヒヨドリだと思うのですが…どうでしょ?

イソヒヨドリ?

イソヒヨドリ?

イソヒヨドリだよね?

イソヒヨドリだよね?

それにしても、カヤックしながら600mm相当を手持ちはキツイ!何がキツイってファインダー覗くと被写体に集中してしまい操船が完全に疎かになります。加えて波の影響による揺れで狭い画角内に被写体をとらえ続けるのが思った以上に難しい…FZ200を抱えたままチンは避けたいところ…で、ファインダーを覗くのをやめてライブビューで撮影してみると周辺視が効くためか少しマシなような気がしました。でも、いつかやると思います…カメラ抱えたままチン…orz

以前、御前浜をガイドしていただいた際にミサゴに会うことができました。今回も期待していたのですが残念ながら姿を見ることができませんでした…P1010698視界の片隅に猛禽類を捉えてアドレナリン全開で撮影したものの…こりゃトビさんすね。
いいんです。トビも十分にカッコ良い!!

さて2014年、なかなか良い漕ぎ出しでした。

今年も安全に、まだ見ぬ海を楽しみたいと思います(・∀・)♪

追伸
Umiのドライスーツはソックスも連結されているタイプなのでシューズを履くとゴワゴワ感がいつも気になっていました。そこでボディーボード用のウェットソックスをドライスーツの上から履いてみると素材が厚いためなかなか温かいし、思いの外、具合が良かったです。ソールはほぼないに等しいので強度的には???ですけどね。温かくサイズ的に余裕のあるカヤック用のシューズを購入するのがイチバンでしょうが…。

悪くない…うん。

悪くない…うん。