Tags

, , , , , ,

Untitled
明けて翌日….
雨です….( ;∀;) こんにちは、daisukeです。


結構雨男と言われ始めて月日が経ちますが、最近は好天に恵まれる事が多かったので「卒業か?!」と思ってましたが….駄目でした。ある意味、荒天続きでして(・。・;
相棒のumi氏に軽口を叩かれながら合羽を来てホテルをチェックアウト、数百メートル先の「とまりん」へと雨の中移動となりました。
最新の天気予報では、座間味島につく頃には雨はあがるとのこと、それを信じるのみです。
Untitled
「とまりん」では行き先別でチケット売り場が違いました。
ここで、往復のチケットを購入。(4000円チョット)。売り場のオジサンに「手荷物預かりはありますか?カヤックですが。」と言うとこれまた少し困り顔?困惑??な感じで我らの荷物を見て「埠頭の乗り場で預けてちょうだい」と言われちゃいました。珍しいのかなぁ???
Untitled
で、こんな感じで雨ざらし?で預かって貰い(無料です)…ここでチョット価値観の違いが。
「中身を見るわけでもなければ、預り証なんてありません。」とのこと、ビックリしてしまいました。普段、危機管理等を声高に言う職場にいるせいか「これ爆弾だったらどうするの?」等々余計な事を考えちゃいましたがumi氏共々気にしない事にしました(笑)
そんなこんなで、出航しましたが約2時間の船旅中は天気も駄目だったのでひたすら寝てました。

座間味に到着したら予報通り雨も上がっていて(ラッキー)♪無事手元に戻ったフェザーバッグをゴロゴロと引き一路、組立場所として選択した「阿真ビーチ」を目指すのでした。
注:座間味港内でのカヤックの出入艇は緊急時以外、禁止されているようですので気をつけてください。
Untitled
ところが…
この道程が意外に長く辛いものだった〜。20分弱だとは思うのですが真夏なら汗だく必至です(*_*;

結局、阿真ビーチ手前の出せそうな場所があったのでそそくさと組み立て始めることに。
Untitled
ここで、初体験な事が。
組み立ててる最中にも潮がミルミル引き始め、関東の間隔よりも早い「引き」に文字通り「キヒ」ながら準備を急ぎました。
完成後はケラマカヤックセンターに挨拶もこめて顔を出し、海況、地域特性の情報を収集。105ストアーで食料品を調達し(生鮮冷凍食品は厳しいですが調味料、缶詰、ビールなどは充分な補給できます)
Untitled
良い味出してますよね〜
座間味島12時過ぎ着しまして約3時間。15時30分に…..
Untitled
出〜艇ぇ〜です♪
ホントついに夢の一つを実現したのこの瞬間を、天気悪いながらもumi氏と分ち合い2人で悦に入ってましたw
(目の前の島は嘉比島になります)
当初の予定はこの後、「安室島での無人島キャンプ」のつもりでしたが、船を出してみるとあまりにも近い(苦笑)
海図で確認はしていたんですが、これじゃあんまりだなって事で、状況に応じ代替先を準備しておくのがうちらの仕事の基本、2人一致でダイバート「阿嘉島」を決定したのでした。
注:安室島でのキャンプに関しては事前に申請を出さなきゃ駄目です。審査は厳密では無かったですが、やはり姿勢が問われるかと。
ファルトでやらかしてる人達の過去の歴史を聞くとなおさらですね。

Untitled
んで小雨交じりの中、嘉比島と安室島の間を抜け….
Untitled
阿嘉大橋を抜け…(途中、umi氏にトラブルが襲いましたが大事に至らず)
Untitled
積城島の脇をすり抜けて行って….
Untitled
先輩カヤッカーに教えてもらった安住の地?へとたどり着きました〜!!キタ━(゚∀゚)━!

ここに2泊3日の本拠地を構えたのでした。(メイクドラマの序章でした)

この日のその後はご想像通り、漢2人、この旅の手応えを感じながら飲みまくりましたとさ。
Untitled

追伸:このビーチに入る際、幸運なことにウミガメ2匹とのランデブーを果たした私でした。5メートル先からカヤックの前を横切るサービスに思わず息を飲んだのは言うまでもありません。すげぇ〜♪

幸せな時間のvol.3につづく…..