Tags

, , , , , ,

地蔵滝

悪天のため撤退を余儀なくされた刈田嶺神社参拝登山の翌日、Daisuke氏と私は宮城県伊具郡丸森町の斉川温泉に程近い「不動の滝」・「地蔵滝」の氷瀑見物に繰り出しました。

仙台市内の自宅を08:00頃に出発し、迷いに迷って不動滝へのアプローチポイントに到着したのは10:00を少し過ぎた頃だったでしょうか。

不動滝入り口

林道脇に車3、4台が停められるスペースがあり、すぐそばには地蔵が祀られていました。

そして、先客がいらっしゃったようで、軽自動車が一台駐車していました。

然して気にすることもなくDaisuke氏とトレッキングの準備を始めたものの、ふたりとも何か違和感を覚えていたようで、ふと軽自動車の方を見やりました。軽自動車を良く観察すると、今日は晴天で朝からの降雪もなかったはずなのですが、車体に薄っすらと雪が積もっています。そして、車の周りには足跡もなく周辺には全く人の気配がありません。最寄りの民家までは数kmはあると思います。

「ちょっと中覗いてみろよ。ヤなもん見ちゃうんじゃ…(*´Д`)」(Umiの心の叫び。)

さすが10年来の付き合いのDaisuke氏、僕の心の呟きが聞こえたかのように、薄っすらと雪の積もったウィンドウ越しに車内を覗き込みます…。すると…。

「うわっ!」という声とともに顔をそむけてしまうDaisuke氏!

「やっぱりかぁー!!練炭でか?!練炭でなのかっ!!((((;゚Д゚))))ガクガクブルブル」

と、恐る恐る私も覗きこむと、そこには私が想像していたものは存在せず、お供え用の花束が助手席に置いてあったのでした。なんだか気味の悪さを覚えつつ、それ以上詮索するのはやめにして滝見の準備をすすめたのでした…。

気を取り直して、まずは目指せ「不動滝」です。青葉不動尊の文字がある赤鳥居をくぐり抜け、渓谷沿いの斜面をトラバースしていきます。

不動滝1

突然現れた野犬?に先導され渓谷にわけいる。

「軽アイゼンのほうが良かったね〜」などと言いながら…(持ってないけど。)

不動滝2

ちょっとスノーシューで歩くには狭いところも…。

散歩気分で遡ります。

はしご場

先導犬に見守られて。こんなでかい犬放し飼いなのか?(*´Д`)

時にはスノーシューでは少し恐い梯子場も…(帰りはもちろんスノーシュー脱いでおりました。)

そんな、こんなで鼻歌まじりでマイナスイオンを楽しみつつ進むこと約20分!氷瀑らしきものが見えてきました。

不動滝

着いた!不動滝とDaisuke氏。

ど〜ん!と不動滝登場です!なんか「氷柱いっぱい」みたいなのを想像していたのですが、なんだか巨大な丸氷みたい(;´∀`)ウイスキー持ってきたら良かった…と反省したのでした。

なんだか氷の中にナウシウカにでてくる王蟲がいそうですね…。

なんだか氷の中にナウシウカにでてくる王蟲がいそうですね…。

さて一服した後は本日のメインである「地蔵滝」です。

2人と1匹は元きた道を引き返し地蔵滝に向かうのでした…。②に続く。