Tags

, , , ,

こんばんわ、daisukeです。前回の続きとなります。

↑昨晩の山小屋晩御飯です。

前の晩、山小屋の醍醐味とばかりに到着早々酒を煽り、出会いの中で楽しく酒宴を開いた結果…..

ガッツリ高山病発症です(爆)って言うか私の方は比較的軽い頭痛で収まりましたが連れの先輩は翌朝からテンションだだ下がり↓天気も相まって朝4時前に起きたというのに「どよ〜ん」とした感じになってしましました(まぁ自業自得ですが)
↑ガス真っ只中。その後雨も…

そんなこともあり、本日の当初の予定は「槍〜奥穂までの縦走」だったのですがこんな天気じゃ大キレット踏破しても「真っ白で何もみえなかったね」となるのは必至と判断。
短い登山経験でも初となる「停滞」を決め込むことにしたのでした。もちろん天気予報を考慮、今日の夕方から明日にかけての天気の好転が見込まれることに望みをかけてでのことでした。

ただ、「停滞」…暇です(爆)なんてったって4時から起きて何もしないって。槍岳山荘にの談話室にあった「孤高の人」や「岳人」「PEAKS」等、本を読みあさってもまだ時間があるし、たまに外に出るのですが真っ白。挙句は雨が降ったりで….高山病がひどくならないよう水を摂取することに心がけ(昼寝をすると夜が心配なので寝ずに)時間が過ぎるの待つのみでした。

結果….

↑ガスが取れてきた!?

15時を過ぎたあたりから槍がチラホラと姿を見せ始めたので、レッツ登山です!

↑小屋から山頂は200m…近すぎます(苦笑)

↑ガスが取れました!

↑数分登って槍ヶ岳山荘を見下ろす。
絵になる小屋だなぁ〜

↑あっという間に最後のはしご

16時頃(覚えてなくてスミマセン)ついに槍ヶ岳山頂に!!

↑双六岳方面を望む(西鎌尾根って言うのかな?)

↑北鎌尾根方面、こっちから一人登ってくる人がいた。すげぇ!

風がなかったのもあり山頂には一時間近く滞在しました。(風があるときは祠の奥にある岩陰が風よけになります、ここは良いスポットだった。バーナー焚くスペースもあり)下りも渋滞等は無くサクサク降りれて、ホント渋滞さえなければ往復30分で出来るような道でしたね。これにはビックリ。


降りてきて振り返ると夕日に染まる槍の姿が….いやぁ〜停滞を英断して良かった!先輩と二人、二日酔いもスッカリ抜けたところでまた小屋に戻って祝杯を上げたのは言うまでもありません。
明日の御来光を見れることを信じて…..

つづく。