Tags

, , ,

川原子ダム・長老湖・愛子溜池でカヤックをすることが出来ない事実を目の当たりにし、「これは情報収集が必要だ。」と今さらながら気づいた僕は一度帰宅しネットで近郊のダム湖等での「レジャー目的の湖面使用」が可能か否かを調べることにしました。

はせがわ屋のソフトクリームを食べられたので、午前中を棒に振ったことは気にしない…。)

ネットで調べると、宮城県内のダムでは、【釜房ダム】・【大倉ダム】・【南川ダム】で

カヤックが可能なことが判明!

なんだよ…ちゃんとホームページに書いてあるじゃん。やはり事前の情報収集は大切ですね。

どうやら、この3つのダム湖については事前に「湖面利用届け」をダム管理事務所に提出することにより、「自己責任」での湖面利用が可能なようです。

釜房ダム湖面利用届

大倉ダム湖面利用届

南川ダム湖面利用について

ちなみに、【釜房ダム】は国土交通省東北地方整備局…つまり国の管理。

【大倉ダム】・【南川ダム】は宮城県仙台地方ダム総合事務所…こちらは県が管理しているようです。

いずれも、ライフジャケットを着用することや、進入禁止区域などが決まっているようでした。

これで、上記3ダム湖についてはルールを守れば大手を振ってカヤックを浮かべる事ができそうです。

さて、ここで欲を出してみました。

仙台市地方ダム管理事務所のホームページには先にあげたダムの他にも

  • 樽水ダム
  • 七北田ダム
  • 惣の関ダム
  • 宮床ダム

の4つのダムが掲載されておりますが、この4つのダム湖には「湖面利用」に関する記載がありません。

基本的に、お役人様は苦手(以前は私も下っ端役人でしたが)なのですが、直接電話して聞いてみることにしました。

結果から申し上げますと、

湖面利用に言及されていない上記4ダム湖についても

「自己責任」での湖面利用は可能!

とのご担当者様からの見解をいただきました!!

ただし、「釣りをする方は漁協との絡み、カヤックの出艇場所については私有地の立ち入り等に注意して下さい。」

とのこと。

管轄漁協と調整したり、管理事務所に届出したりと色々と面倒な手続きはありますが、ルールを守ったほうが楽しめますよね。湖面利用届けは入山届けみたいなものでしょう。何か遭った時のことを考えると提出していたほうが良さそうです。

なにはともあれ、これでどうにかMy Kahunaを東北の水面に浮かべられる日も近そうです♪ といいますか明日(3月29日)浮かべます!!

次は、東北初進水をUPできますように…。

仙台地方ダム総合事務所 総務班

電話:022-372-2103 / E-mail:sddam@pref.miyagi.jp